スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > 丹羽全日学二冠

丹羽全日学二冠

2016-10-31  7:22 PM

男子シングルスは、3連覇を目指す第1シードの森薗(明治大)が5回戦で坂野(中央大)に敗れほか、地元の長野商業高校出身の滝澤(明治大)が田添健汰(専修大)、有延(明治大)、三部(専修大)ら実力者を連破し、全国大会のシングルスで初の決勝進出を果たし、会場を沸かせた。
滝澤は決勝で同級生の丹羽(明治大)と対戦。タイトルホルダーの丹羽は、上村(早稲田大)、坪井(筑波大)、郡山(専修大)とサウスポーを連破して決勝進出。試合は落ち着いてプレーした丹羽が、サウスポー対策として準備してきたというバックハンドサービスからの展開で主導権を握りストレートで貫禄勝ち。1年生の時以来3年ぶりの優勝。有終の美を飾った。
2位の滝澤は地元の応援を背にアグレッシブに攻めたが、丹羽の巧みなプレーにミスを誘われ攻撃力が生かしきれなかった。
3位の三部(専修大)は、準決勝の最終ゲーム終盤でのサービスミスが響いて決勝進出はならなかった。同じく3位の郡山は、思い切った両ハンドで丹羽を攻めて2対1とリードしたが、徐々に対応されて逆転負けを喫した。