スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > リオ五輪代表抱負を語る

リオ五輪代表抱負を語る

2016-07-25  12:29 AM

リオ五輪代表選手、大会に向けた抱負を語る

五輪代表選手の記者会見での、各選手の大会への抱負は下記のとおり。

★男子代表選手コメント
「今回は団体戦で、自分らしく悔いのない戦いをして、必ずメダルを持って帰ってくるので楽しみにしてください」(吉村)
「4年前のロンドン五輪で、香港戦の2−2ラストで自分が負けてしまったので、それから4年間リオでリベンジするために毎日一生懸命練習してきました。だからリオでは必ずメダルを獲得したい」(丹羽)
「北京、ロンドンでの敗戦から時間が経ち、あの敗戦をバネに一日、一日頑張ってきました。リオではシングルス、団体ともにメダルを獲得して帰ってきたいと思います」(水谷)

★女子代表選手コメント
「ロンドンからリオまでの4年間はあっという間でした。この1カ月の合宿では後悔のない、充実した練習ができました。金メダルを目指して一戦一戦、後悔のないよう、攻め続けるプレーができるよう頑張ってきます」(石川)
「ロンドンから4年経って、成長した部分を少しでも皆さんに感じていただけるように頑張りたい。そしてロンドンの時のようにまたメダルを日本に持ち帰れるよう、一戦一戦頑張ってきます。1カ月前はオリンピック早く終わればいいのにという気持ちだったのが、今はオリンピック早くはじまればいいのにという気持ちになれた。あと一週間、最高の準備をしたい」(福原)
「あと一週間でリオに出発しますが、今回は初めてのオリンピックなので、まずはしっかり、周りに迷惑をかけないように頑張りたい。試合では良い色のメダルを日本に持ち帰りたいと思います。私はあまり緊張しないタイプなので、すごくワクワクしています」(伊藤)

この記者会見ではミズノの新しい日本代表・オフィシャルユニフォームも発表された。ユニフォームの右肩部分と脇部分、パンツ・スカートのサイド部分に「日本のデニム柄」をプリントしたユニークなもの。選手たちはディーバブルー・ブラック・レッドの3色のウェアに身を包み、リオ五輪を戦う。
また、日本男女チームの名場面を集めた映像とともに、卓球日本代表公式応援ソングとして起用されるMISIAさんの「SUPER RAINBOW」もお披露目。22日から配信開始なので、ぜひ聴いてみてください!