スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > 卓球クラブ選手権3日目

卓球クラブ選手権3日目

2016-07-19  7:53 AM

クラブ選手権第3日目、男女2部と小中の部が終了

大阪・エディオンアリーナ(大阪府立体育会館)で開催中の全日本クラブ選手県は、男女2部と男女小中学生の部が終了した。各種目の上位クラブは下記のとおり。

●男子2部
優勝:GROUND ZERO(東京)
準優勝:ウエダTTC(兵庫)
3位:T&Tクラブ(東京)、みつのきTTC(愛知)

●女子2部
優勝:小浜クラブ(兵庫)
準優勝:亀田クラブ(新潟)
3位:Sanity(新潟)、長吉卓球センター(大阪)

●男子小中学生の部
優勝:フェニックス卓球クラブA(福井)
準優勝:ミナミラボ(福井)
3位:ねや卓球クラブA(岡山)、川嶋ジュニア(大阪)

●女子小中学生の部
優勝:フェニックス卓球クラブA(福井)
準優勝:ピンポンカベ(広島)
3位:玖珂SC Jr. A(山口)、玖珂SC Jr. B(山口)

男子2部優勝は、悲願の初優勝を達成したGROUND ZERO。決勝のウエダTTC戦では、ポイントゲッターの右ペン表・菴木(あんのき)が単複で2点を落とす予想外の展開ながら、今福と笠松の頑張りでラスト岸川一星につなげ、岸川がストレート勝ち。岸川は体重を相当絞り込み、東山高時代を彷彿とさせるような回り込みからの連続攻撃とガッツを見せた。

女子2部優勝の小浜クラブは、右ペン粒高の木村(吏)が単複で大活躍。裏面打法を織り交ぜながらの自在な攻守を見せ、左シェークドライブの植本と組んだダブルスでも確実に勝利。決勝の亀田クラブ戦では、右シェークカットの木村(衣)が決勝点を挙げた。

男女小中学生の部は、福井のフェニックス卓球クラブが昨年に続く男女アベックV。男子チームは、決勝で昨年と同じく県内のライバル・ミナミラボと激突。前半で0ー2と劣勢に陥りながら、ダブルスからの大逆転。観客席では両クラブの応援団が大きな声援を送り、大いに盛り上がった一戦だった。

女子チームは準決勝で玖珂SC Jr. Aを相手にダブルスを落とす苦しい展開となったが、ラストで守護神・直江(蓮)が勝利し、決勝ではピンポンカベに3ー0で快勝。小学6年ながらエース格の大藤は、しなやかなスイングから強烈な両ハンドのパワードライブを連発した。敗れたとはいえ、ピンポンカベもオール小学生のメンバーで大健闘の決勝進出、山崎と仁井田が単複で活躍した。