スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > 春季関東学生リーグ

春季関東学生リーグ

2016-05-24  9:08 PM

春季関東学生リーグ1部 明治大と専修大がV

5月6日からスタートした春季関東学生リーグ1部が本日終了。男子は明治大、女子は専修大がともに2シーズンぶりとなる優勝を飾った。最終順位は下記のとおり

【男子】
1位:明治大(7勝0敗)
2位:専修大(5勝2敗)
3位:法政大(4勝3敗)
4位:中央大(4勝3敗)
5位:筑波大(3勝4敗)
6位:早稲田大(3勝4敗)
7位:日本大(2勝5敗)
8位:國學院大(0勝7敗)
※勝敗が同数の場合は直接対決の勝利チームが上位
<個人賞>
殊勲賞:森薗政崇(明治大)
敢闘賞:田添健汰(専修大)
優秀選手賞:町飛鳥(明治大)、三部航平(専修大)、村井桂(法政大)
新人賞:三部航平、及川瑞基(ともに専修大)
最優秀ペア賞:森薗政崇・渡辺裕介(明治大)

【女子】
1位:専修大(6勝1敗)
2位:早稲田大(6勝1敗)
3位:東京富士大(5勝2敗)
4位:日本体育大(4勝3敗)
5位:中央大(4勝3敗)
6位:淑徳大(2勝4敗)
7位:大正大(1勝6敗)
8位:國學院大(0勝7敗)
※勝敗が同数の場合は直接対決の勝利チームが上位
<個人賞>
殊勲賞:庄司有貴(専修大)
敢闘賞:温馨(日本体育大)
優秀選手賞:安藤みなみ(専修大)、谷岡あゆか(日本体育大)、山本怜(中央大)
最優秀ペア賞:鈴木李茄・安藤みなみ(専修大)
※新人賞は該当者なし

昨年秋のリーグ戦で専修大に敗れ、王座を明け渡した明治大が最終戦で専修大にリベンジを果たし、頂点に返り咲き。本日行われた専修大との優勝決定戦ではトップで森薗政崇が田添響をストレートで下すと、2番で町飛鳥が三部航平とのフルゲームの接戦を制す。続く3番に登場した酒井明日翔もアグレッシブなドライブ速攻で及川瑞基に勝利、勢いに乗ってダブルスも勝利し、ストレートで昨年秋のリベンジを果たした。
専修大は田添健汰が6戦全勝でチームを引っ張り、三部、及川の大型ルーキー2人が加入したが、明治大戦では相手の気迫に押されたか、流れをつかめずに敗れた。

女子は昨年の春リーグ、インカレを制しながら秋リーグで5位に沈んだ専修大が優勝。鈴木李茄、安藤みなみのツートップが単複合わせてチームの総得点の3分の2以上をを叩き出す圧巻の強さ。庄司有貴も単複に活躍を見せて開幕から上位校に連勝、中央大に敗れたものの、最終戦を前にリーグ優勝を決めた。
連覇を目指した早稲田大は専修大に敗れて2位。小道野結、高橋結女が抜けたものの、粒揃いの戦力で競り合いに強さを見せた。