スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > 卓球ポーランドオープン

卓球ポーランドオープン

2016-04-25  12:58 PM

4月20〜24日にポーランド・ワルシャワでITTFワールドツアー・ポーランドオープンが開催された。日本からは男子13名、女子19名の総勢32選手が参加し、男子シングルスで水谷隼(beacon.LAB)が、女子シングルスで平野美宇(JOCエリートアカデミー/大原学園)がそれぞれ優勝を果たした。また、女子アンダー21で加藤美優(礼武道場)が、男子ダブルスで森薗政崇/大島祐哉(明治大/ファースト)も優勝し、日本が4種目を制覇した。

男子シングルスで第2シードの水谷は準々決勝で高木和卓(東京アート)、準決勝で吉村真晴(愛知工業大)との同士討ちを制し決勝へ進出。決勝では第1シードのオフチャロフ(ドイツ)を4-2で破り勝利を決めた。
女子シングルスで平野は3回戦で伊藤美誠(スターツSC)とゲームオールの接戦を制すると、準々決勝ではゾルヤ(ドイツ)を破った佐藤瞳(ミキハウス)を4-1で破り準決勝に進出。準決勝ではベテランペンホルダー、リー・ジャオ(オランダ)を4-1で、決勝では準決勝で石川佳純(全農)を下したユ・モンユ(シンガポール)をストレートで下し、ワールドツアー初勝利をあげた。また、福原愛(ANA)は2回戦で早田ひな(希望が丘高)に敗れ、上位進出はならなかった。

男子ダブルスでは日本ペア同士の決勝となり、森薗/大島が丹羽/吉村をストレートで下し優勝。女子アンダー21では加藤が前田美優(日本生命)、佐藤、浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)と日本選手を3連破したツォン・ジエン(シンガポール)を下し優勝を果たした。

優勝と日本選手の上位記録は以下のとおり。

〈ITTFワールドツアー・ポーランドオープン記録〉
●男子シングルス優勝:水谷隼  3位:吉村真晴
●女子シングルス優勝:平野美宇  3位:石川佳純
●男子ダブルス優勝:森薗政崇/大島祐哉  2位:丹羽孝希/吉村真晴
●女子ダブルス優勝:田志希/梁夏銀(韓国)  3位:石川佳純/伊藤美誠、浜本由惟/早田ひな
●アンダー21男子優勝:王之旭(デンマーク)
●アンダー21女子優勝:加藤美優  3位:橋本帆乃香、浜本由惟