スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > ミカエル メイス引退

ミカエル メイス引退

2016-03-23  2:11 PM

image
05年世界選手権3位、04年アテネ五輪男子複銅メダル、09年ヨーロッパ選手権優勝などの実績を持つミカエル・メイス(デンマーク)が、昨日自身のfacebookページで現役引退を発表した。

「その時がやってきたよ!
ぼくは、ぼくの競技歴の中で最も難しい決断を下した。トッププレーヤーとしてのキャリアにピリオドを打つ。
ドクターやマネージャーとも相談して、この非常に難しい決断に至った。リオ五輪でプレーすることを望んでいたけど、ぼくの身体はもう無理なんだ。幾度かの手術の後、もう痛みのない状態で100%のトレーニングを行うことはできなくなったし、以前のようなレベルでプレーすることはできない」(ミカエル・メイス/公式facebookページより)

リオデジャネイロ五輪というビッグゲームを目前に控えての現役引退。その悔しさが伝わってくるが、ここ数年はアキレス腱やひざ、臀部(でんぶ)など多くの故障を経験。リハビリを経て復帰しては、また故障を繰り返し、長くベストの状態ではプレーできていなかった。「家族や友人、マネジメント会社やバタフライ、多くのスポンサー、そしてファンに心の底から感謝の言葉を述べたい」(メイス)。

柔らかいボールタッチでの台上プレーに、前陣での鋭いカウンター、中・後陣からはロビングやカットも交えた華のあるプレーから逆襲し、ファンを大いに魅了したメイス。イエローカードをもらうことも多く、「悪童」というイメージもあったが、ヨーロッパの卓球シーンには欠かせない選手のひとりだった。05年世界選手権で地元・中国の王皓、ハオ帥を連破したロビングは今でも語り草。メイスのような創造的なプレーヤーが、今後もヨーロッパから生まれてくることを望みたい。

Michael Maze Facebook