スポーツランド長嶺 ENJOY&SKILL UP!! 楽しむことは卓球上達への近道!! 卓球スクールへの入会・受講のお申し込みはお電話で! 電話096-221-5883

TOP > 未分類 > 大島U-21優勝

大島U-21優勝

2015-12-16  7:06 AM

大島祐哉、グランドファイナルのU-21で優勝!

12月10日からポルトガル・リスボンで行われている2015ITTFワールドツアー・グランドファイナル。U-21男子シングルスで大島祐哉(早稲田大)が優勝、U-21女子シングルスで浜本由惟(JOCエリートアカデミー/大原学園)が準優勝と好成績を残した。

世界ランキング25位の張禹珍(韓国)を予選グループで4ー0で破り、3戦全勝で第2ステージに進んだ大島。準決勝で吉田雅己(愛知工業大)に4ー2で勝利し、決勝ではデンマークの帰化選手、ジャイ・ユージアに4ー1で快勝した。大島は男子シングルスでも鄭栄植(韓国)との大激戦をゲームオール14ー12の大激戦の末に下し、ベスト8進出。森薗政崇(明治大)と組んだダブルスでも、フレイタス/ガチーナ(ポルトガル/クロアチア)を破って準決勝進出を決めており、3種目で無敗と快進撃が続く。
U-21男子の他の日本勢では、吉田が3位、三部航平(青森山田高)は予選グループで金東賢(韓国)を下したが、惜しくもグループ3位で敗退となった。

U-21女子準優勝の浜本は、準決勝では得意のカット打ちで佐藤瞳(札幌大谷高)を4ー1で破り、決勝進出。シンガポールの強打者リン・イエとも白熱のラリー戦を見せたが、予選グループに続いて2ー4で惜敗した。また、佐藤は3位となったが、予選グループで世界ランキング26位の杜凱琹(香港)、シンガポールの周一涵とツォン・ジェンを破り、存在感を見せている。

男女シングルスは1回戦が終了。日本勢の結果は下記のとおり。

●男子シングルス ※WR=15年12月発表の世界ランキング
大島 6、ー5、9、2、ー6、ー4、12 鄭栄植(韓国・WR13)
オフチャロフ(ドイツ・WR4) 7、6、ー14、7、ー10、ー7、7 水谷
サムソノフ(ベラルーシ・WR11) 9、3、ー6、7、8 丹羽
●女子シングルス
若宮 11、10、ー8、ー8、ー9、9、8 福原
石川 5、9、8、ー6、ー10、8 シャン・シャオナ(ドイツ・WR17)
陳夢(中国・WR8) 4、8、ー9、3 伊藤

男子シングルスでは大島が唯一のベスト8進出。今日の深夜、13日午前0時(日本時間)からの準々決勝で、張継科(中国)と激突する。女子シングルスは第1シードの福原愛(ANA)が、若宮三紗子(日本生命)との日本勢対決に3ー4で敗れ、若宮がベスト8に進出。準々決勝では若宮は田志希(韓国)、シャン・シャオナ(ドイツ)を下した石川は朱雨玲(中国)と対戦する。

(以上、卓球王国WEBより転載)